ボンクレ:Bonjour 2012秋号

ホーム > ニュースレター > Bonjour 2012秋号

Bonjour ボンジュール  2012秋号

「転職状況」

 お得意様におかれましては、益々、ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 システム(ソフト)業界の転職率は20〜30%ではないでしょうか。 興味深いのは、景気が良いと率は高くなり、悪いと低くなります。 退職率が高い会社ほど利益が高いこともよくあります。弊社は退職率が高まると利益が落ちます。

 仕事の分布は東京で8割強です。あとは名古屋、大阪、福岡、札幌で全てです。  そのほかの地域では、システムの仕事はありません。 したがって同業種へ転職したければ、その地域に限られます。 その地域が故郷なら、まずは地元で就活してみて、無理なら東京でというのが多いです。 職種よりも地元を優先ならばスキルを活かして学校の技術講師という手段があります。 九州ならば博多にある麻生元総理系「麻生情報専門学校」などが人気ではないでしょうか。 地方の学校を訪問すると、技術の先生は、全員がかつて東京でSEの経験者です。

 システム業界の転職は20代が一番多く特に30歳を目前にして悩むようです。 40歳を超えてからの同業種への転職は私は聞いたことがありません
 ところで、システム(ソフト)の仕事は、規模が大きいほどエンジニアが大勢必要です。 しかし、そのプロジェクトが終わると不必要です。 ですから、必要なときに転職されると困るし、不必要なときに居てもらっても困ります。 したがって、社員をかかえるリスク回避のために、外注をします。

 外注の場合は、設備はこちらで用意して、外注エンジニアを弊社内に派遣してもらいます。 設備を提供する理由は、ソフトの製作環境を統一するためです。 例えれば、建設現場で「この特殊ネジと専用ドリルを使ってくれ」といった感じでしょうか

貴社業界はいかがでしょうか。
失礼いたします。   (塚田)

コスト削減応援隊 vol.8

 IT業界は日進月歩で進化しています。 このコーナーでは最新技術や最新情報を駆使したITにまつわるコスト削減方法をご紹介します。 内容は弊社で実践し、コスト削減効果が出ているものが中心です。

 便利な画面キャプチャーツールのご紹介(無料)
「Win Shot」

 ウィンドウズですと普通画面全体をキャプチャーすることしかできませんが、 このツールを使えば必要な一部分だけをキャプチャーすることができます。
業務マニュアルを作成するときに画面キャプチャーを入れてわかりやすくすると思いますが、 このツールがあるととても便利です。ご活用してみてください。  (中村)

コラム

 今年も残すところあと1ヶ月となりました。
 年末にかけてお得意様の経営ご方針、中期的な経営戦略のヒアリングをさせていただいております。 お得意様と私たちが把握させていただいているご方針を改めて共有することによって、 お得意様のお声を反映させて頂いたご提案につながると考えております。 年末でお忙しい中、ご協力くださいましたお得意様、本当にありがとうございました。  (高橋)

  

お知らせ

 12/6にインテルつくば事務所に企業訪問してきます。
 ハード側の今後の情報をキャッチしてお得意様のご提案に盛り込んでいくことが目的です。 また改めてご報告させていただきます。

Copyright © 2010 BONCRE. All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る