ホーム > ニュースレター > Bonjour 2013春号

Bonjour ボンジュール  2013春号

「裁量労働契約とエンジニア」

 お得意様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 ソフトの業界でも、会社と社員で裁量労働契約を交わすことができます。ご存知のように裁量労働とは、 ノルマだけを課して就業方法は勝手にさせる契約です。お固く表現すれば、 「業務遂行の手段や方法、時間配分等を大幅に労働者の裁量に ゆだねる必要がある・・・」となります。 職種でいえば、プロデューサー、記者、研究開発者などなど。

 実はソフトのエンジニアである「情報処理技術者」にもこの契約が適用できます。 但し、適用できるのは、いわゆるシステムエンジニア(SE)と呼ばれる中で上級者だけです。 一般的なSEやプログラマーは認められません。上級SEは、業務分析やシステムの企画、機器の選定、ソフトの設計など様々です。 なかでも「分析・企画」の業務が裁量労働が認められるゆえんです。

 ところで、裁量労働制を人件費削減に利用したいことがあります。 例えば、若いプログラマーが、残業が多いのにプログラムが出来上がってこない。成果が無いのに残業代は払いたくありません。 経営者としては、額に見合った成果を出してもらわないと採算が合わないので、プログラマーと裁量労働契約をしたいところです。 しかし、契約自体はできますが、あとでもめたときに係争で会社が負けます。

貴社業界はいかがでしょうか。
乱筆失礼いたします。   (塚田)

コスト削減応援隊 vol.10

 IT業界は日進月歩で進化しています。 このコーナーでは最新技術や最新情報を駆使したITにまつわるコスト削減方法をご紹介します。 内容は弊社で実践し、コスト削減効果が出ているものが中心です。

【人によって部分的に違う内容のメールを一斉送信できるソフト『Mail Distributer』】

 不特定多数にメールを送りたいけど、宛名や個別情報など少し文面を変えて メール送信できればいいなという要望をかなえたソフトが「Mail Distributer」(フリーソフト)です。  あらかじめ宛先ごとに異なる内容をExcelなどで登録しておくと 文面の中で特定の部分だけ登録した内容に置き換えて一斉送信ができます。
 弊社では、社員へのメール送信やお得意様への情報発信メールのときに大活躍しています。(中村)
<<ダウンロードはこちらから>>
http://www.woodensolidier.info

コラム

 弊社では昨年よりお得意様の経営のご方針や経営戦略について定期的に確認をさせて頂き、 計画的なご提案をさせていただいております。
 経営者様や幹部の皆様とお話させてもらいながらお得意様のご発展、業績アップにプラスの要素がございましたら、 ビジネスマッチング等のご提案も進めていきます。その際は有用なご提案であればお聞きいただけたら幸いです。  (高橋)

お知らせ

 6月以降はクールビズや節電もあり蒸し暑い日が続きます。 パソコンは室温により故障リスクが変動しますが、実は埃もファンの動きの妨げになり故障の原因につながります。 弊社スタッフがお伺いの際はサーバ周りの清掃をさせて頂きます。

Copyright © 2010 BONCRE. All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る