ホーム > ニュースレター > Bonjour 2013秋号

Bonjour ボンジュール  2013秋号

タイトル1

 お得意様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 プログラムには著作権が発生します。ですから無断コピーはできません。では承諾があればコピーは得でしょうか。

 例えば、A社の独自プログラムをコピーして別の同業者B社で使うとします。ところが、普通はB社ではそのまま使えません。 A社とB社は同業者とはいえ、ビジネスの方法が違うからです。 改変して使おうとしても、かえってコスト高になってしまいます。ですから得とは言えません。

 A社の独自プログラムはA社にあるからこそ価値があります。 さて、ハードウェアには減価償却があります。一方で著作権が発生するプログラムには償却はありません。 では償却がないのだからプログラムは価値が下がらないのでしょうか。

 答えは二つです。一つは、ハードの進化に合わせて、プログラムのヴァージョンアップが必要です。そのままでは使えなくなり、価値が下がります。 もう一つは、企業独自のビジネス方法がプログラム化されているので、そのプログラムは付加価値のついた貴重な知的生産物です。 ビジネスの発展と共にプログラムの価値は上がり続けます。

 価値のあるシステムを提供するためには、いかにしてお得意様独自のプログラムを作るかにかかってきます。

貴社業界はいかがでしょうか。
乱筆失礼いたします。   (塚田)

コスト削減応援隊 vol.12

 IT業界は日進月歩で進化しています。 このコーナーでは最新技術や最新情報を駆使したITにまつわるコスト削減方法をご紹介します。 内容は弊社で実践し、コスト削減効果が出ているものが中心です。

 【『Evernote』で情報の整理・共有をしよう!】

 Evernoteはちょっとしたアイデアのメモや気になるWEBサイトのブックマーク、あるいは画像などの管理に役立ちます。
<特徴>
 @ 作業が簡単:保存も簡単。検索は画像中の文字(アルファベット)も可能!
 A いろいろな情報が保存できる:テキスト(文字)、画像、音声が保存できる!

 さらに、メモの共有設定ができるので私はお得意様先とメモを共有し今後取り組む課題などを共有しています。  (中村)

コラム

 お得意様の経営ご方針を確認させていただいた上で、計画的なご提案をする活動ですが、 2012年の年末よりスタートしましてちょうど1年が経過しました。 弊社なりに経営戦略を把握させて頂き、お得意様のご発展に寄与できるように進めております。 今年も12月に入りましたら塚田とお得意様にご訪問させていただく予定です。 お忙しいなか恐縮ですが、今後のご方針ついて共有させて頂き、中期的な対応計画をご提案します。

お知らせ

 今年も残すところ1ヶ月を切りました。
 来年は税率変更もございますので、計画的にご提案させていただきます。 12月はお忙しいお得意様が多いと思いますのでどうかご自愛くださいませ。
  (高橋)

Copyright © 2010 BONCRE. All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る