ホーム > ニュースレター > Bonjour 2014夏号

Bonjour ボンジュール  2014夏号

学歴とエンジニア

 お得意様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 弊社ではプログラマー職を採用します。新卒がほとんどなので、研修を通してプログラマースキルを付けます。 採用元の学校は理系の大学と専門学校です。専門学校はコンピュータ科とゲーム科の2種類に分かれます。
 ゲーム科は企業のソフトに無関係のように思えますが、その学生は意外と使えます。プログラミングが早いのです。
 ゲーム科の学生のほとんどは、幼少からゲームに熱中しています。自分もゲームを作る仕事に就きたいと夢を持ちます。学校では自作ゲームを沢山作るので、プログラム作業が早いのです。次に早いのはコンピュータ科で、その次が大学です。
 しかし、早いからと言ってミスが多ければダメです。
 プログラムのミス(バグ)は2種類あります。一つは、テクニカルミス。もう一つは論理ミスです。 前者は例えば、計算の時にゼロで割ってしまうことです(例:1÷0 ←数学で禁止されている)。 後者は、税金の端数は四捨五入しないで切り捨てることです。テクニカルミスを犯しやすいのは大学生、論理ミスはゲーム科生です。
 プログラマーにも得手不得手があるので、彼らを上手に使い分けられれば、品質と生産性が上がります。

貴社業界はいかがでしょうか。 乱筆失礼いたします。   (塚田)

コスト削減応援隊 vol.15

 IT業界は日進月歩で進化しています。 このコーナーでは最新技術や最新情報を駆使したITにまつわるコスト削減方法をご紹介します。 内容は弊社で実践し、コスト削減効果が出ているものが中心です。

 【入力装置(デバイス)の見直し】

 システムへの入力方法を見直すことで更なる業務効率アップが期待できます。

(1)バーコード読取(費用:数千円)
  商品NOなど10ケタくらいでコード化されているものを入力するのに向いている。
(2)FaxOCR 手書きスキャン(費用:80万円)
  注文フォームをFaxで受信し、それをシステムに入力している場合など。
(3)音声認識(費用:2万〜)
  キーボードが不慣れな方のためや、商談・インタビューの書き起こしなど。

その他いろいろありますので是非お問合せください。  (中村)

コラム

 弊社では週に3回、環境整備という5S活動をしております。整理・整頓・清掃・清潔・躾です。
 整理を進めると物理的にモノ自体を捨てることになるので、仕事においても無駄なコストを捨てることにためらいがなくなる効果があります。 例えば、プログラムでいえば不要なソースコードを削除するなどです。それと物理的な環境整備は社内コミュニケーションの向上にも役立っております。
 お得意様ではいかがでしょうか。  (高橋)

お知らせ

 ホームページではスマホ等のモバイル端末からのアクセスが50%を超えるお得意様も増えてきており、 業務システム側でのスマホ対応のご依頼もご提案できるように準備を進めております。  (高橋)

Copyright © 2010 BONCRE. All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る