ホーム > ニュースレター > Bonjour 2015秋号

Bonjour ボンジュール  2015秋号

好景気は儲からない

 お得意様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 安倍政権下で景気が良くなりました。しかし、弊社は儲かりません。
 その理由はこうです。一言でいうと、社員が減ってしまい仕事が受注できないからです。
 企業の投資意欲が上がると、その投資を見越してIT関連では人材の採用意欲が高まります。エンンジニアや営業マンの採用を増やし始めます。時を同じくしてどのIT企業も人材を増やします。当然に獲得競争になります。電車広告では「IT適職フェア開催!」をしばしば目にするようになります。
 そうなるとIT会社は募集の待遇条件を競います。規模が大きい会社ほどスケールメリットを活かして良い待遇条件を提示できます。弊社のように小さいと不利です。
 ご存知の通り人材採用には、中途経験者や未経験者、新卒があります。弊社は新卒が主ですが、その新卒が採れなくなります。また、既存の社員は高給を求めて転職をします。その結果、社員が減って仕事が受注できなくなり儲かりません。
 もちろん不景気よりはいいですが、お得意様の発注要望に応えられないのは辛いです。
 ところで、人材不足で困ったあげくに、ベトナム人とバングラデッシュ人を採ってみました。結構使えます。未知数は多いですが楽しみです。


貴社業界はいかがでしょうか。乱筆失礼いたします。 (塚田)

コスト削減応援隊 vol.20

 IT業界は日進月歩で進化しています。 このコーナーでは最新技術や最新情報を駆使したITにまつわるコスト削減方法をご紹介します。 内容は弊社で実践し、コスト削減効果が出ているものが中心です。

今回は、セキュリティとコスト削減に関する話をさせていてだきます。
情報漏えいしたケースの4割以上が、紙媒体によるものだという報告があります。
「便利だから」「慣習的に」といった理由から、情報の電子化にストップをかけていませんか?

電子化のメリットには、
 ・バックアップが容易
 ・紛失の心配や資料の劣化が少ない
 ・保管場所の省スペース化
 ・印刷、紙コストの削減
など様々です。

また、電子化した情報の管理や社内共有にお困りでしたら、弊社までご連絡ください。(内田)

コラム

 毎年12月には各お得意様の経営ご方針を伺いに1社1社後訪問させていただいております。 伺った内容を顧客カルテに反映させて、ご方針から外れていないか四半期チェックを行っております。 弊社のお得意様は業種様々ではありますが、内部課題や工夫されたオペレーションには共通点があるように感じています。 この情報をご提案につなげることで中小企業のご発展に寄与できるように動いてまいります。

お知らせ

 2011年からお送りしております、このボンジュールも皆さまのおかげで第20号となりました。 年に4回発行しているので約5年となりました。 記事についてご要望がありましたら是非お聞かせください。(高橋)

Copyright © 2010 BONCRE. All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る