ホーム > ニュースレター > Bonjour 2016秋号

Bonjour ボンジュール  2017秋号

「技術系アジア人の来日の増加」

 お得意様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 「観光庁の発表によりますとアジアへの観光客数が世界的に伸びています。
  (観光の受け入れトップはフランスです)

  来日(日本へ来る)旅行者はアジアで5位、世界で16位とのことです。 私はよく存じ上げませんが、日本は結構観光で有名ですね。しかもここ数年伸びているようです。

ところで、観光ビザで来日する人は増えていますが、就労ビザではどうでしょうか。 外務省発表の2016年統計ではやはり増えています。また、就労の場合はアジアから来日する人がほとんどです。

  では、来日アジア人のIT技術への関わりはどうでしょうか。

  観光の来日者数のトップは中国で年間400万人と突出しています。ところがそのような中国ですが技術職での来日はぐっと下がり5000人です。

  一方で就労での来日トップ3は、アメリカ、韓国、中国がそれぞれ10000人で並んでいます。 では技術職に限ってはどうでしょうか。技術職ではインド、ベトナムから来日する人が多いです。 その両国の来日は計25万人で中国よりはぐっと少ないです。ところが、技術就労が合わせて5000人と多いです。

  まとめると、世界から来日する技術職者の数は、アメリカ、韓国、中国、インド・ベトナムが横並びの状況です。

貴社業界はいかがでしょうか。
乱筆失礼いたします。(塚田)

コスト削減応援隊 vol.28

 複数のPDFファイルを一つにまとめたい(または分割したい)けど、専用のソフトを持っていない・・・
 そんな時に便利な「CubePDF Page」をご紹介いたします。

 このソフトは、株式会社キューブ・ソフトが提供しているフリーソフトで、PDF ファイルの結合や分割を簡単に行える優れものです。
  使い方も簡単で、分かりやすいです。
1. ソフトを起動させます。
2. PDFをドラッグ&ドロップします。
3. 「結合」または「分割」をクリックします。

 結合の場合は、PDFだけでなく画像に対しても行えます。 詳しい使い方・ダウンロードは以下のURLをご覧くださいませ。
 ■URL:http://www.cube-soft.jp/cubepdfpage/index.php    (森田)

コラム

 ITRという市場調査会社から重視するIT戦略キーワードがあるのですが、上位6位まではここ数年順位は変わっていないようです。 上位の「売上増大への直接的な貢献」や「顧客サービスの質的な向上」部分におきましては弊社でもご要望はいただくのですが、なかなか具体的な案件化まで至らないケースが多い印象がございます。 これはおそらくシステムだけではなく、運用変更や教育部分も含めた大々的な取り組みを覚悟しなければならないからだと思います。 お得意様と一緒に頭に汗をかきながら解決策を探っていくことで直接的な貢献やご支援ができるようになりたいですね。

   1位:売上増大への直接的な貢献
   2位:業務コストの削減
   3位:顧客サービスの質的な向上
   4位:ITコストの削減
   5位:システムの性能や信頼性の向上
   6位:既存システムの統合性強化

お知らせ

 10月より弊社のメンバーにマネージャーとして滝島が参画しました!
皆さまとのやりとりも徐々に増えていくのと同時に、さらなるサービス拡充につとめてまいりますので引き続きどうぞ宜しくお願い致します。   (高橋)

Copyright © 2010 BONCRE. All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る