ホーム > 導入事例 / お得意様の声 > お得意様インタビュー : 株式会社 ホーマーイオン研究所

前のページへ戻る

お得意様インタビュー:株式会社 ホーマーイオン研究所様

■ ボンクレお得意様に聞く - 株式会社 ホーマーイオン研究所

求めている部分を的確に提示してくれた

ことが決め手。ボンクレは、相手のバッ

クグラウンドまで考えて提案してくれま

した。

     株式会社ホーマーイオン研究所 取締役本部長 秋本哲司氏


株式会社ホーマーイオン研究所 取締役本部長の秋本哲司氏(写真)に、ボンクレの選定理由と評価をうかがった。


(株式会社ホーマーイオン研究所について)
1963年(昭和38年)に医療機器メーカーとして誕生。設立当初より学術研究を中心に産学一体化を目指し、長年に渡って培った高い技術力を、医療と美容の分野に活かし、研究開発を進める。 1988年には、美容関連事業部を立ち上げ、独自に開発した美容器と化粧品の組み合わせによる「モイスティーヌ基礎美容法」を発表。現在、全国約500店のサロンを展開し、多数のビューティーアドバイザーが活躍している。 本部であるホーマーイオン研究所には従業員60名が在籍。
(2014年4月現在) 


スキンコンディショナー


■ システムの活用方法

― ボンクレに、どのようなシステム作成を依頼しましたか?

(秋本本部長)当社の2本柱のひとつ、美容分野のメイン商品「モイスティーヌ」の販売管理をするシステムのリプレイスを依頼しました。


■ Mネットの導入効果

― Mネットをリプレイス導入しての感想は?

(秋本本部長)今まで各部署でそれぞれに作成していた資料を、マスタデータとし一本化できたのはとてもよかったです。

無駄な作業が減り、作業効率もあがったと思います。社員同士の情報の共有化にもつながっています。

ホーマーイオンの取り扱い商品

オートテンズプロV
(医療機器)

モイスティーヌ各種

モイスティーヌ
(CM放映中)

■ 「個人」→「法人」へ依頼先の変更

― システムをリプレイスするきっかけは?

(秋本本部長)今までも同様のシステムはあったのですが、前任の開発先との契約期間がちょうど切れるタイミングということもありました。更なる使いやすさを追求して、リプレイスすることにしました。

当社としては、取引先も利用するシステムなので、しっかりしたものを作りたいという希望がありました。

運用がはじまってからも、しっかりフォローしてもらえるように、「個人」から「法人」へ依頼先をシフトしました。

 

■ なぜボンクレを選んだのか

― 数多くの会社がある中、なぜボンクレを選んだのですか?

(秋本本部長)リプレイス構想があった時期に、偶然、当社の他の仕事を依頼する為に打ち合わせで来社していたボンクレさんへ、声を掛けさせて頂きました。

その他にも、大手・中堅含め、計4社に見積もりをとりました。

― ボンクレへの“決め手”はどんなところでしたか?

(秋本本部長)各社それぞれに、いい部分はあったのですが、最終的にボンクレさんに決めた理由は「求めている部分を的確に提示」してくれたことですね。

やりたいことは沢山あったので、各社に要望をぶつけましたが、ボンクレさん以外の会社からは、こちらの要望と比例して不要な機能も多い提案となりました。

極端な話し、必要な機能は「10」なのに、不要な機能が「10」ついて、「20」の機能で提案があるのです。

もちろん金額面も上がりますよね。提示額は、ボンクレさん以外どこも高かったです。

 

■ リプレイス構想が一旦白紙に・・・

― リプレイス構想が、一旦白紙になったとお聞きしました。


    秋本本部長
 

(秋本本部長)はい。とにかく見積もりの金額が、想像以上に高かったこともあり、リプレイス自体を一旦白紙にすることしました。
 

その後、内部の体制変化などがあり、再度システムのリプレイス案が持ち上がりました。その時は、ボンクレさんにだけ声を掛けました。

やはり、白紙になる前に提案してくださった「求めている部分を的確に提示」してくれたことが印象に残っていたからです。

 

■ 他社との比較

― 会社を選ぶ際に、比較した点は?

(秋本本部長)先ほどもお話ししましたが、他の会社は金額が高く、それがネックでした。

そんな中、当社の求めている要望を実現しようとする姿勢が、他社と比較してもボンクレさんは高かったと思います。

更に、金額面でも妥当な提案をしてくれました。

 

■ ボンクレへの評価

― ボンクレとのやりとりで印象に残っていることはありますか。


    インタビュー風景
 

(秋本本部長)「どんな会社なのか」「何をしたいのか」など、当社のバックグラウンドを把握しようとする姿勢に好感が持てました。

分からないことをそのままにしないことが、当社としても安心でした。

更に、その内容を反映させたシステム提案や開発を行ってもらえたと思います。

 

当社も、ある程度やりたいことが固まっていたので、密にやりとりをしつつ希望のシステムに近づけました。

失敗もありましたが、真摯に対応してくれたので悪い部分は思い浮かびませんね(笑)

 

■ 今後の抱負

― 最後に、今後の抱負をお聞かせください。

(秋本本部長)ホーマーイオンは、「医療」と「美容」の二本柱でやってきています。

元々、医療機器メーカーとして創業した経緯もあり、今後は、特に、病院向けの医療機器分野を伸ばしていきたいと考えています。

高齢化社会が進んでいく中で、医療分野で当社の技術力が世の中に貢献できればと思います。

今後も、美容と健康をサポートする企業であり続けたいと思います。

 

株式会社 ホーマーイオン研究所様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。


※ 取材日:2014年4月
※ 株式会社ホーマーイオン研究所<Webサイト
※ 取材・製作:ボンクレ

<< 前のページへ戻る

▲ この画面のTOPへ

ページ上部へ戻る