ホーム > 導入事例 / お客様の声 > お客様インタビュー : 株式会社 ビッグヒット

前のページへ戻る

お客様インタビュー:株式会社 ビッグヒット様

■ ボンクレお客様に聞く - 株式会社 ビッグヒット

「各部署の要望を取りまとめ、バランス

よくまとめる役割をボンクレに担っても

らえたので助かりました。」

         株式会社ビッグヒット EC事業部主任 中村誠氏


システム入れ替えを担当した、株式会社ビッグヒット EC事業部主任の中村誠氏に、ボンクレの選定理由と評価をうかがった。


(株式会社ビッグヒットについて)
1995年に設立、来年20周年を迎える。海外の優れたブランド品を、現地直接買い付けにより抑えた価格で入手、並行輸入にて、お客様に対してお求め安い価格で提供。 何よりお客様の満足度を考える、顧客第一主義を実践。企業方針として、『顧客第一主義』『独創性』『相互信頼関係』を掲げている。 日本流通自主管理協会の会員として、消費者の皆様が安心してお買い物ができる「輸入商品市場」の形成の為に偽造品追放にも取り組んでいる。
大手WEBサイトの、楽天やYahooにも店舗を出店し、今年度からは、景品販売サイト『景品コンシェルジュ』を開始。ブランド品の販売に並ぶ、第二の収益の柱として力を注いでいる。従業員45名(パート含む)。
(2014年6月現在) 

 
■ どのような業務をシステム化したか

― ボンクレに、どのような業務のシステム化を依頼しましたか。

(中村主任)当社ではボンクレに、インポートブランド品の仕入から販売まで一連の業務を行う基幹業務システムを依頼しました。システムの機能の中には、インポートブランド品を扱うECサイトとの在庫連動システム化も盛り込みました。
 

― 「ECサイト在庫連動のシステム」とは、どのようなシステムですか。

(中村主任)当社は、主にインポートブランド品を扱っているのですが、それらの在庫情報を、営業マンと複数のECサイトが共有できるシステムです。今まで、在庫を手動で調整していたので、売り越し(在庫が無いのに売ってしまうこと)があったり、その作業だけに数時間の時間を要していました。導入後は、在庫情報の共有により、販売機会のロスを無くしたり、在庫の圧縮ができたり、余った時間を他の作業に充てたりと、メリットを感じています。

 

商品撮影風景

商品保管エリア

ビッグヒット外観


■ システムの入れ替えに踏み切った理由

― 以前は、どのようなシステムを利用していたのですか。

(中村主任)在庫管理のパッケージソフトを使っていました。
 

― なぜ今回、システムの入れ替えに踏み切ったのですか。

(中村主任)システムの入れ替えに踏み切った理由ですが、今まで利用していたパッケージソフトですと、制約があり業務に沿わないことがありました。

卸売業の特性上、『お客様に合わせた自由度のきくシステムが必要』というのが大きな理由です。

パッケージソフトをカスタマイズして利用するという方法もあったのですが、やはりコストが高くつくので断念しました。

そこで、自社に合った機能を組み込めるシステム開発を希望し、BOSS(システム名)の製作に踏み切りました。

 

■ 他社との比較

― 何社から話しをききましたか。

(中村主任)3〜4社から話しを聞きました。

コストもそれなりに掛かることですので、大手から中小と幅広く検討しました。

― ボンクレを選んだ理由を教えてください。

(中村主任)第1に、開発費が他社に比べ圧倒的にリーズナブルだったからです。

安いに越したことはないですが、安すぎるのも少し不安だったので、会社訪問なども行い、自分の目で確認しました。

第1は開発費でしたが、ボンクレは「無借金経営」で基盤も安定しており、担当営業さんの印象もよかったのが決め手ですね。

 

今では、ボンクレさんとは長いお付き合いです。

 

■ 長いお付き合いの理由

― 今まで長くお付き合いできた理由はなんでしょう?


「こちらの要望に対して、的確なレスポンスをしてくれますね。」(中村主任)
 

(中村主任)日々のやり取りの中で、システム以外の、社内の細かい業務(経理やインフラ部分)まで把握してくれるようになりました。

ですので、こちらの要望に対して、当社の業務や課題・要望を理解し反映した、的確なレスポンスをしてくれますね。

そんな姿勢が、長いお付き合いに繋がっているのだと思います。

また、時代のニーズに合わせて、BOSSも随時バージョンアップを行っているのですが、今まで様々なことをボンクレとは積み上げてきたので、今後も一緒にやっていきたいですね。

よろしくおねがいします(笑)

 

■ ボンクレの動き・役割

― 開発が始まってからの、ボンクレの動きはいかがでしたか。

(中村主任)システムを開発するにあたり、様々な部署の担当者から要望がでました。

全ての要望を取り入れる訳にはいかず、社内に取りまとめ役もいなかったので、各部署の要望を取りまとめる役割をボンクレに担ってもらえたので助かりました。

そのおかげで、BOSSは実務に沿った形で機能を設けたシステムになったと思います。

また、経営者の方針と、担当者の方針も、間に入って、バランスよく汲み取ってくれたかと思います。

 

■ ボンクレへの評価

― ボンクレとのやり取りで印象に残っていることはありますか。

(中村主任)定期的に打ち合わせの場をもってくれるので、不具合などあれば随時アップデートしてくれます。

また、先ほどもお話ししましたが、会社の奥の部分まで把握してくれているので、システム以外のインフラもお願いできるまでの信頼関係が築けていると思います。

 

システムに関しての知識がないので、今後は、もっとシステム会社特有の提案をして欲しいと思います。当社の要望も聞きつつ、他社の動向なども盛り込んだ提案をしてもらえるのを楽しみにしています。

 

■ パートナー(外注)を検討している中小企業の方へのアドバイス


  ボンクレの担当者と一緒に

― パートナーを選ぶ際のポイントに関して、アドバイスがあればお願いします。

(中村主任)レスポンスの速さが、なにより重要だと思います。

契約前の段階でも、問合せや見積もりなどのレスポンスのスピードなどを見ても分かりますよね。質問して、回答が3日後などですと、話にならないかと思います・・・。

実際に、仕事に入ってからも、こういったスピード感は現れてくるかと思います。

― 他に、何かあればお願いします。

(中村主任)スケジュール管理がしっかりしていたり、運用のサポートがしっかりしていることが重要だと思います。

特にシステムなどは、完成して終わりではなく、使い始めて運用からがスタートだと思うので、重視したい点ですね。

 

■ 今後の抱負

― 最後に、今後の抱負をお聞かせください。

(中村主任)会社が掲げている『顧客第一主義』『独創性』『相互信頼関係』3本の柱を実現することにより、売上があげられるような会社創りを目指したいです。

取引先に最高の体験をしてもらいたいですし、顧客満足度の高い、日本一のECサイトの作成を目指しています。

今後は、並行輸入のジャンルにとらわれず、新しい商材や企画、革新的なアイディアを打ち出して実現していきたいですね。

 

株式会社ビッグヒット様、本日はお忙しい中、
貴重なお話をありがとうございました。

ビッグヒット様
  ECサイト

■BIGHIT Yahooショッピング店 
 

■BIGHIT 楽天店
 


※ 取材日:2014年6月
※ 株式会社ビッグヒットのWebサイト
※ 取材・製作:ボンクレ

<< 前のページへ戻る

▲ この画面のTOPへ

ページ上部へ戻る